恋愛の基礎テクニック

非モテでも簡単!女性との会話で好意を持たれ、距離を縮めるトーク術を紹介!

「勇気を出して食事に誘ったのはいいけれど、面白い話ができるかどうか心配、、、」

という人いませんか?

恋愛経験がない人は「モテる男=話が面白い人」と思ったりしますよね。

たしかにそういう部分もある事はありますが、それは本質ではありませんので安心して下さい!

男友達と話している時みたいに笑いをとっていければ、話は盛り上がるかもしれませんが、本当に女性が求めているものはそこじゃないのです。

では女性と話をする時に女性に好意をもたれるトークというのは、一体どのようなものなのでしょうか?

今回は、女性との会話で好意を持たれ、距離を縮めていくトークテクニックを紹介していきます。

これができれば、今までとは比べ物にならないくらい女性ウケがよくなりますので、ぜひ試してみて下さい。

初デートで面白い話ができないと悩む方へ

はっきり言って、初デートで面白い話ができないなんて悩む事は一切ありません。

女性は、男性が面白い話ができないからといって「この人、つまらない人だなあ」なんて思う事はほとんどありません。

もし「つまらない男」だと思われているとするならば、明らかに違う理由でそう思われています。

面白い話をしていれば、はたから見れば「あの二人うまくいってそうだなあ」というように見えるかもしれませんが、ただ表面上のつきあいだけの場合だって多いんです。

でも女性が恋愛対象として見るのは、「面白い人」ではなく「自分の事を分かってくれて、一緒に共感をしてくれる人」なんです。

そのために面白い話は全く必要ありません。

世の中にも面白い話なんてできない人がたくさんいますし、僕自身もエピソードトークが苦手で、面白い話で盛り上げるという事はあまりできません。

それにエピソードトークで面白い話をする人で、他人の事をバカにしたようなトークばかりしている人、いませんか?

そういった話って人を不快にさせますし、聞いていて気持ちのいいものじゃないですよね。

男性のあなたがそう思うのであれば、感受性が強い女性はその何倍も不快に思っている可能性があるのです。

そう考えてみると、無理に面白い話をする必要もないのかな、というのが僕の考えです。

実際、僕はそんな話はほとんどせずに、これまで何人もの女性を口説いてきたので、話に自信がない人も安心してください!

では、女性に好意を持たれるためのトークを一つずつ見ていきましょう。

 

ケイ
ケイ
※当サイト推薦!
↓僕の人生を180度変えてくれた最強恋愛マニュアル!

>>非モテだった僕がかわいい女の子や美女を落とせるようになった秘密とは?

※特典の適用は期間限定となりますのでお気をつけ下さい。また人数が定員に達し次第、値上げの可能性があります。

カンタンに女性に好意を持たれるトーク術

話を聞くことに徹する

女性に好意を持たれる、モテるためのトークと聞くと、テクニックで相手を落としていく、と考えがちですが、それはナンパレベルが相当高い人しかできませんし、僕も正直自身がありません。

僕がお伝えするのは、どんな人でもある程度気を付けて、ポイントをつかんで実践していけば、誰でもできる方法です。

女性に好意をもたれるためには、女性がいかに楽しく話ができるか、この一点につきます。

あなたが話をして場を盛り上げるのではなく、女性の話を聞いてその場を盛り上げていくのです。

モテない男は初対面となると緊張してしまって、何か話さなくちゃと思って、自分が話しやすい事をペラペラペラペラ話していきます。

非モテの鉄オタなら「ボク、鉄道が好きなんですけど、興味ありますか?」とかいきなり聞いてきます。

あ、あまり興味はなかったですけど、鉄道お好きなんですか?
そうなんですよ!最初は700系から入ったんですけど、はまちゃって!
へーそうなんですね。(ウザ!話おもしろくないし。そもそも700系ってなに?)

最悪のパターン、オタクの必殺技「いきなり自分語り」です。

こんな会話してたらいきなりブロック決定ですし、食事だけしたら「ちょっと急用できたので失礼しますね」となること確実です。

かなりひどい会話なので「オレここまではしないけどね」と思ってる人もいるかもしれませんが、意外とこういう方、多いですので気をつけてください。

まず理解しないといけないのは、女性はあなたの話を聞きたいのではなく、自分の話を聞いてもらって、共感してもらいたいんです。

ここが分かってない限り、どれだけイケメンであっても、話が面白くても恋愛に発展することはありませんし、もし恋愛に発展したとしても長続きはしません。

あなたが話した事に対して相手が反応してくれる事が嬉しいのと同じように、女性も思っているワケです。

誰もが自分が可愛くて仕方がなくて、自分が一番愛されたいと思っているのです。

とにかく最初は相手の話を聞いて拾ってあげること! これに徹してください!

話を聞くときのポイント

最初は話を聞くのが重要とお話しましたが、ただ聞くだけではだめです。

女性は本当に敏感なので、ちょっとでもあなたが心で「話つまんねーな」とか思ったらその瞬間にその気持ちを察知されます。

そうならないように注意するポイントが以下の点なので、ここを注意していってください。

大した事のない話でも楽しそうに聞く
どんなに他愛のない話でも楽しそうに聞いてあげて、話を続けていってください。
延々と昨日の出来事を話してても、友達の○○ちゃんの話をしても、しっかり聞いて「それでそれで?」などと話を拾い続けてください。

どうでもいい事でもリアクションしてあげる
他愛のない話でも途中途中で「おもしろ~!」「ホントに~?」「めちゃウケるし!」などのリアクションを挟むようにすれば、相手もノッてきてくれて、どんどん話がはずんでいきます。

話は真剣に聞いてあげる。適当に返事をしない
たとえ他愛のない話が1時間続いてもダレたりせずに聞き続けてください。
途中であくびをしたらい、「へえ、そう」などという反応は絶対にダメです!

顔を見ながら聞いてあげる
話を聞くときは相手の顔を見るのが基本です。
視線を合わせるのが苦手な人は、相手の両目と鼻の前の空間をぼんやりと見るような感じで見ると自然な感じで相手に映ります。

共感が必要な際はこちらも表情を変える
基本は笑顔で話を聞く事ですが、相手が悲しい話や苦しんでるという話をしたら、それに合わせてこちらも表情を変えていきましょう。
相手が求めているものは「気持ちの共有」ということを忘れないでください。

会話が止まったら、こちらから話題を提供してあげる
会話が止まったら、こちらか話題を提供してあげ、相手に負担をかけないようにしましょう。

こういった事を注意していきましょう。

大事なのはあなたが相手の女性に対して興味があるかどうかです。

体への興味はたっぷりあるかもしれませんが、それはひとまず置いて、彼女の人格や性格、考え方に興味をもってあげましょう。

そうすれば、一つ一つの話のも興味深く聞けますし、もっと相手の事を知っていきたいと思うはずです。

下心があると相手はすぐにそれを察知してくるので、まずは心を許せる友達になることを目標にして話をするといいですよ。

ただ上のポイントの中で気になるのが、

「会話が止まったら、こちらか話題を提供してあげる」

これですよね?

これについては少しだけコツが必要ですので、少しだけ追加で話をしたいと思います。

話のネタに困った時の話題のフリ方

あまり話した事のない相手だと、沈黙になった時が恐怖になりますよね!

これが鬼門で女性とうまく話せないという人も多いんじゃないでしょうか?

女性の話は基本聞いていれば、それだけで1時間や2時間くらい時間が経ってしまうものですが、ある瞬間に突然電池が切れたかのように、沈黙に陥ってしまう場合があります。

ここでうまくドリンクを口にしたりして、ワンクッションおけるくらいの余裕があればいいのですが、現実はなかなかそううまく行かないですよね。

でもそんな時でも簡単に場の雰囲気を変える事ができるトークテクニックがあります。(といっても大した事ではありません)

そこで僕がいつもやっている、というか自然にやっている事をここで紹介したいと思います。
そんなに難しい事ではないので、誰でもカンタンにできるはずですよ。

それは、

相手の好きな事を聞いてあげることです。

ハイ、これだけです。

基本、難しい事はなにもありません。

それまでの話の中である程度相手の人となりが分かってきたと思いますし、相手の好みや趣味なども分かってきたんじゃないかと思います。

であれば、相手が興味を持っている話、相手が気にかけていた話を聞いてあげればいいのです。

例えば、

「そういえば、この前新しいケータイのカバーほしいって言ってたけど、どうなったの?」

「あ、そういえばさ、さっき趣味で登山やってるって言ってたけどさ、素人が始めると予算ってどれくらいかかるの?」

など何でもいいです。

できれば、暗い話よりは盛り上がりそうな話がいいですけどね。

話が思いつかなければ、あせらずにトイレに行って考えてもいいと思います。

登山やってるって言ってたけどさ、素人が始めると予算ってどれくらいかかるの?
えー、もしかして始める気?
まだわかんないけど、Aちゃんがやってるんなら少し興味あるし
結構かかるよお金
そうなん?オレ全然わかんないけど、最低限なにがいるの?

と話のキャッチボールをしていく感じですね。

話題が相手にクリティカルヒットすれば、自動で話が進んでいくので、またしっかりと話しを聞いて上げて、拾ってあげてください。

こうやって話をするときにたまに女性から言われるのが「あ、そんな事覚えてくれてたの?」っていう言葉です。

彼女いわく、それって結構女性にとっては特別な事で、嬉しい事らしいです。

口に出して言わない人もいると思いますが、心の中で同じように思ってくれている人も多いと思うので、ぜひ使ってみてほしいです。

前にも話しましたが、会話ノートを作るのもオススメです。

その日会話した内容を書き留めておけば、次に会う前に見返せば話のネタみ見つかりますし、前回よりもさらに深堀りした話しもできるようになります。

その間にあった出来事も書き留めておけばネタ帳にもなって、ちょっとしたエピソードトークもできるようになるので、すごくオススメです。

 

【おまけ】初デートの際の注意点

最後にちょっとだけ、初めてのデート時や、まだ出会って間もない時点で彼女と食事に行った際の注意点やポイントを紹介します。

初めてのデートや、食事に行くシーンなどで、僕が気をつけた方が良いと思う事ですが、参考にしてみて下さい。

食事をする時は相手と同じものを注文しよう

これは僕的には、まだ出会って間もない頃のデート時の鉄則です。

なぜ同じものを注文するかと言うと、料理が出てくるタイミングが違う可能性があるからです。

ある程度のレベルのお店であれば、同時に料理が運ばれてくるのが普通ですが、お店によっては自分の料理だけが先に運ばれてきて、彼女の料理は食べ終わった頃に出てくるという事もあります。

そんな状況に陥らないようにするために、よほど高級なレストランでない限りは、彼女に何が食べたいかと選ばせてあげて、「オレもちょうど同じもの食べたいと思ってたとこなんだよね~」と言って同じものを注文しましょう。

料理をシェアできる関係であれば、それでもいいですが、お互いが気を使ってしまうので、僕の場合はよほどの事がない限りは相手と同じものを選ぶようにしています。

周りにも気を使う事も大事

相手に集中して聞いたりする事はもちろん大切な事ですが、周りを気にするくらいの余裕は常に持っていましょう。

たとえば隣の席のお客さんが店員さんを呼ぼうとして「すいませーん」と言っているのに声が小さくて聞こえなかったりしたとき。

そんな時は勇気を出してあなたが代わりに店員さんに目配せをしたり、呼んであげたりしましょう。

例え、それが女性であっても嫉妬はされませんし、むしろ「この人やさしいんだなあ」と思ってもらえますよ。

電車で席を替わってあげたりなどという行為も普段から自然にできるようになると尚よしです!

最初は勇気が入りますが、いつも隣に彼女がいると思えば、ちょっとはできるようになりますので、少しずつ挑戦していきましょう。

レディーファーストは基本中の基本!

これはあまりにも当たり前すぎるので、書くかどうか少し考えましたが、非モテの人でできていない人が多いかもしれませんので、やはり書くことにしました。

レディーファーストは基本中の基本なので、とにかく意識するようにしてください。

はっきり言ってこれができない人は一歩も先に進めません。

意識するだけでも大分と変わってきますし、難しい事ではないので、必ず意識するようにしましょう。

  • 重い荷物は持ってあげる
  • エスカレーターは下側に立つ
  • お店に入るときはドアを開けてあげる
  • エレベーターのドアを押さえてあげる
  • 道を歩く時は車道側を歩く
  • レストランでは奥側に座ってもらう

この辺りは会話以前の話になってきますが、結構大事な事なので書いておきました。

その他にも、清潔に見える服装・髪型・身だしなみ、姿勢や言葉遣いなども大事ですよ。

 

まとめ:女性にモテる、好意をもたれるために、まず話を聞く事に徹しよう

いかがだったでしょうか?

女性に好意を持ってもらうためには面白い話はなくても全然問題ありません。

僕も自分から話をする事は苦手ですが、相手に興味を持ち、話を聞く事を覚えてからは、女性と話す事に困らなくなりました。

打ち解けてこれば、今度は女性から色々聞いてきたりしますが、あくまでも基本は聞く事です。

こちらが2割~3割ほど話して、相手に7割~8割ほど話をさせる位の意識でいくとうまくいきます。

またこれらのテクニックは実際に合った際も、ラインで話す時にも使える内容ですのでぜひ活用していって下さい!