マッチングアプリ

【要注意人物リスト付】ペアーズのサクラと業者の見分け方

  • ペアーズ(Pairs)を使ってみたいけどサクラとかっているのかな?
  • マッチングアプリは危ないというイメージがあるけど実際はどうなんだろう?
  • ペアーズを使う時の注意点があれば教えてほしい

そんな疑問や悩みにお答えします。

この記事を読めば、ペアーズ(Pairs)にはサクラは存在しないということが分かります。

その一方で業者と呼ばれる存在は一定数いますが業者も見分け方さえしっかり押さえておけば時間のムダになることはありません。

 

マッチングアプリを使う上で「さくらがいるかどうか」は結構ポイントになる点ですよね。

結論から言うとペアーズ(Pairs)には「サクラ」は1人もいません。

これは僕が実際にペアーズ(Pairs)を利用してきた上での経験ですので安心してもらって大丈夫です。

ただどのマッチングアプリでもそうですが一定数の「業者」と呼ばれる存在はいます。

今回の記事では、ペアーズ(Pairs)にサクラがいない理由、そして業者と呼ばれる存在の見分け方、要注意人物のリストを解説していきます。

関連記事サクラがいないマッチングアプリを紹介!

 

ペアーズはサクラがいない優良マッチングアプリ

まずマッチングアプリを使うさいに良く聞く「サクラ」とは何かを簡単に説明すると…

サクラとは?

あたかも会員のようにみせかけてマッチングアプリに会員数が多いと見せかけている人たちのことを指します。

 

ペアーズにサクラがいない理由

このサクラに関してですが結論として「ペアーズ」にはサクラは1人も存在しないと言い切れます。

なぜなら1000万人を超えるユーザーが利用するペアーズがあえてサクラを利用する意味はありません。

またペアーズはメッセージ1通50円というような課金制をとっている出会い系サイトとは異なり月額会員制となっているため、わざわざサクラを使ってメッセージを送信させるという行為自体が不要となるのです。

実際に3日以内にログインした女性ユーザー(アクティブユーザー)が常に数十万人万人いるわけですからわざわざサクラを準備しなくても真剣に恋活・婚活をしている男性はしっかりと課金をして女性との出会いを探しているわけです。

 

ただし「業者」と呼ばれる人たちは一定数存在します

このようにサクラと呼ばれる存在はペアーズでは存在しませんが、「業者」と呼ばれる注意人物が一定数存在するのも事実です。

「業者」とは何か?

まず業者について簡単に説明すると…

業者とは?

個人をターゲットにした勧誘、個人情報の収集を目的とした業者ののことを指します。

具体的には

・優良出会い系サイトへの誘導
・ネットワークビジネス・投資の勧誘
・個人情報の収集

などの場合があります。

 

ペアーズを利用していると「この人もしかしたら業者じゃないかな?」というような人がいたりします。

現在はペアーズも積極的に対策をしていますし、ユーザーが運営に対して通報ができたりするためペアーズを使っていて業者に出会うということはほとんどなくなりました。

ですがペアーズを使い始めて間もない人は業者の手口にひっかかってしまって、ある程度の仲になった途端に勧誘をされるという場合があります。

そうするとこれまでの苦労は水の泡となり、全てが時間のムダということになってしまいかねません。

そうなるとはっきり言って後味も悪くなってしまいますし、理想の女性をもしかしたら逃してしまうことにもなってしまうかも知れないのです。

そこでここでは簡単に業者を見分ける方法を解説していきます。

 

業者を見分ける方法

業者の手口は大きくは以下の方法です

  • すぐにマッチングしてくる
  • すぐに会いたいと言ってくる

 

こういった人たちはほぼ「業者」とみていいでしょう。

ペアーズ初心者の場合は女性から「すぐに会いたい」「LINEを教えてほしい」と言われると「俺ってなかなかイケてるのかも?」と思ったりします。

そうなると相手の思うツボなので、こんな場合はブロックをするか、もしくは運営に業者の可能性があるという事を通報しましょう。

マッチング後すぐにLINE交換を要求してくる

業者の特徴としてあるのがマッチングした後、すぐにLINE交換を要求してくる場合です。

これは他のアプリへ誘導するためのURLをLINEで送ったり、投資話をLINEでするための作戦。

ペアーズでは24時間体制でパトロールをしており、メッセージのやりとりも監視しているため、こういった勧誘話をすると即座に退会処置が取られてしまうことになります。

そのため、他アプリへの誘導するための短縮URLや、副業の話などをペアーズのメッセージでするわけにもいかないので、ラインの交換に対して積極的です。

ペアーズではメッセージを何通送っても課金されることがありませんので、利用して間もないのであれば、実際に出会って相手を確認するまではペアーズ内だけでメッセージのやりとりをする、ということを徹底してもいいかもしれません。

特に以下のような台詞でLINEに誘導しようとしている人はほぼ100%業者と思っていいでしょう。

「携帯が壊れたから~」

「携帯の調子が悪いから~」

「機種変更して操作に慣れていないから~」

すぐに会いたいと言ってくる

もう一つ業者の特徴としてあるのが「すぐに会いたい」と言ってくる場合です。

マッチングアプリはまずマッチングをして、ある程度のやりとりをして相手の性格や人柄を理解した上で、「一回会ってみてもいいかな」と思うのが普通です。

それをすべてジャンプしていきなり「会いたい」と言ってくる場合は、完全に「怪しい」と思って間違いありません。

実際会って高額の商品を購入させられたりするケースもありますので、気をつけましょう。

  • デート商法で高額商品を購入させられる
  • 宗教・自己啓発セミナーへの勧誘
  • ねずみ講・ネットワークビジネスへの勧誘

最近はまずホームパーティに相手を誘ってそこで仲良くなって、高額商品を売りつけるという手法も出てきていますので注意してください。

業者と思われる要注意人物リスト

ペアーズの運営努力によって、現在はほとんどこのような存在に出くわすことはなくなりましたが、それでも完全にこのような業者を排除するのは難しく、ある一定数は存在するのは事実です。

ただ先ほどの業者の手口のポイントと、以下に解説する業者の特徴を知っておけば、簡単に業者の見分けができ、業者にひっかかることもなくなります。

ここでは業者の可能性がある要注意人物リストを説明していきますので参考にしてください。

この特徴に当てはまるといっても中には業者でない場合ももちろんありますが、業者の可能性がありますので少しでも不安があるのっであればいいねは送らない方がいいでしょう。

 

写真が美人すぎる・露出度が高い

まず最も多いパターンがコレです。

とにかくプロフィール写真が美人、かわいすぎる場合。

にも関わらず胸元が強調されていたり、露出度の高い服を着ている場合。

「そもそもあなたみたいな人はマッチングアプリ使う必要ないんじゃ?」と思うような女性は業者である可能性が高いです。

100%とは言い切れませんが、すぐにLINE交換をしたいと言われたりした場合はほぼ業者であると考えていいでしょう。

高年収で職業が投資家・自由業

年齢のわりに年収がやけに高い場合、そして職業欄が「投資家」「自由業」になっているような場合は、ビジネス系の勧誘や投資の勧誘をされるとういケースがあります。

「たとえば30歳で年収2500万円」というような場合はほぼほぼ業者と見て間違いありません。

既にデリヘル嬢などと書いてある

風俗関係の業者がペアーズに登録しているということもあります。

この場合はプロフィール欄に「デリヘル嬢やってます」とはっきりと書いてある場合があったりします。

お店から促されて登録をしているケースも少なくなく、この場合は完全に勧誘目的となるため、このような登録者を見つけた場合はすぐに運営に通報するのがいいと思います。

メイン写真が1枚のみ

業者の特徴の1つがメイン写真が1枚のみという場合で、それ以外のサブ写真は食べ物であったり風景の写真であったりします。

これはどこかネット上で落ちているモデルの画像を使っている可能性があります。

そのため複数の画像を準備することが難しいため、サブ写真にはわざと風景などの写真を使っています。

この場合は全てがそうと言いきれませんが、業者にはこのようなケースが多いということは覚えておいて下さい。

退会アピールをしている

たまにプロフィールに

「もうペアーズやめようと思っています」

「今月で退会しようと思っています」

という書き込みをしている場合がありますが、これも業者の手口のひとつです。

もういいねを送ることができないということを相手に思わせていいねを獲得してマッチングして相手を勧誘するという手法です。

真剣な出会いを求めている人がわざわざそのようなことをプロフィールに書くということは考えにくいので、このような文章があった場合はいいねは送らない方がいいでしょう。

いいねの数が異常に多い

たまにいいね数が500以上あるにも関わらず普通にペアーズにログインして利用している人がいます。

そしてこういった女性は決まって美女であることが多いです。

この場合は男性からのいいねを集め、そこから勧誘につなげようとしている業者と考えていいでしょう。

なぜなら通常ペアーズを利用して交際につながった人はペアーズを退会するのが普通です。

500以上もいいねを集めているのであれば1人や2人くらいは理想な男性がいるはずでしょうが、それでも交際につながっていないということは、あまりにも理想が高いか、冷やかしか、もしくは業者か、のいずれかしかありません。

たとえ業者でなかったとしても男性にとっては時間のムダでしかありませんので、相手にしない方が良さそうです。

プロフィールが数行しか書かれていない

真剣に出会いを求めている人であればプロフィールは全て埋めようと思いますし、できる限り自分の価値観に似た女性に出会いたいと思うのが普通です。

そんな中プロフィールの文章が1、2行程度しか書いていない女性がいたりします。

業者もプロフィールを書くのに時間をかけることができないため、プロフィールに関しては適当になることも増えてきます。

ただプロフィールの内容がないと男性からのいいねはもらえないので写真がかわいかったり美人だったりします。

コピペのような、とってつけたようなプロフィールしか書いていない女性は注意をした方がいいでしょう。

プロフィール内にビジネス系の話が書いてある

これも業者であることがわかりやすい特徴の1つ。

プロフィール内にビジネス系の話が書いてある場合。

「ビジネスをやっています」「副業をやっています」というようなキーワードが入っていたら、相手に副業に関心をもたせて勧誘しようとしていると思って間違いありません。

マッチング後に「副業って何やってるんですか?」と聞いたら最後。

「一緒にやりましょう!絶対儲かりますよ!」

という怒涛のプッシュ攻撃が始まります!

プロフィールにパパ活的な内容が書いてある

最後に最も注意したいのが「パパ活」

「デートをする代わりにお金を支援してほしい」というある意味、援助交際です。

これはペアーズも禁止している行為ですので、絶対にのらないようにしましょう。

誘い文句として

  • 夢を応援してほしい
  • 夢の実現に支援をしてほしい

といった「お金」というキーワードを直接出さずに、お金を求めてくる場合がほとんどです。

若い女性が行っている場合がほとんどですが、はっきりいって真剣な出会いを求めている男性にとっては迷惑以外の何者でもありませんので、運営に通報することをオススメします。

 

実際の業者はそこまで多くない

業者の数は体感的には1%以下

実際のところ、業者の数自体はそこまで多くはありません。

だいたい業者の数は5%以下と言われていますし、僕自身の感覚では1%~2%もいないんじゃないかと感じます。

それに今回お話した内容を念頭に入れてからは1人もそういった人に出会ったことはありません。

運営側の姿勢や努力による部分も大きい

またペアーズ自体が運営を健全に、そして誠実に行っているという点も大きな点です。

マッチングアプリ自体はかなり認知度も高くなってきましたが、それでも一定数で「いかがわしい」「不安」というイメージを抱く人がいます。

そのようなイメージを払拭するためにペアーズでは、

  • 24時間サクラ・業者を徹底排除するパトロールを実施
  • 運転免許など顔写真の確認がないとメッセージ送信ができない
  • ユーザーからの通報システム・強制退会措置がある

など安心してユーザーが利用できるように運営努力を行っています。

会員数が1000万人以上あるマッチングアプリを運営すること自体大変だと思いますが、こういった姿勢があってユーザーが安心して利用できているんだと思います。

 

まとめ:業者の見分け方と要注意人物の特徴を知っておけば問題ありません

ペアーズは今回解説した方法をしっかりと頭に入れて使えば、業者に騙されたということはなくなるはずです。

意外とはっきりした手口を使うのでペアーズ初心者でもわかりやすいと思いますし、騙されることもないと思います。

ただ中にはすぐにLINE交換を求められると「自分はモテるんじゃないか?」と勘違いをしてしまい、のめり込んでしまう場合もあります。

そんな時こそ一歩立ち止まって冷静に考えることが大事です。

 

ただ実際は業者よりも圧倒的に真剣に出会いを求めている女性の方が数が多いですのでそこまで神経質になることはありません。

ペアーズは運営側でも365日24時間体制でパトロールをしていますので、業者その手口さえ覚えておけば安心して使える優良アプリとなっています。

登録自体も無料ででき、女性の顔写真も無料で見ることができますので、まだ利用をした事がない人はまず登録をしてみてほしいと思います!

\ 理想の女性と出会える! /

Pairs(ペアーズ) 公式サイトはこちら

 登録料無料!