LINE(ライン)テクニック

モテる男のLINEテクニック!上手い返し方・効果的なひとこと・頻度などを解説!

今や誰もが使っているアプリのLINE。

  • 男友達にもなんかあった時ぐらいしかLINEしないけど、女性にLINE送ってもいーの?
  • 気になる子とLINE交換したけど、その後どうしたらいいのか分からない
    そもそも、つきあってもないのにLINE送って嫌われない?

と思うような方いませんか?

今回はこのLINEを上手に使って、女性との距離感を縮めていくためのテクニックを紹介します。

これを参考にすれば、LINE送信で悩む事もなくなりますので、ぜひ参考にしてください!

LINEだけではモテる男にはなれません!

僕はこれまでいろいろな恋愛テクニック本などを読んできて、それを実践したりしていましたが、ほとんどうまくいくことがありませんでした。

よくよく考えてみるとそれはある程度の女性との関係ができた上で使うテクニックだったんですね。

まだ女性と会話もできないような状態で使っても全く意味がないんです。

LINEもそれと一緒でまずは最低限、実際に会って話ができるくらいの関係になっていないとダメですよって事なんです。

最低限の会話ができるようになるためには、以下の記事が参考になります。

LINEを有効活用するにはまずこれが最低限必要になりますので、まだその前段階の場合は、ここに力を注ぐようにしましょう。

この関係ができていない内は、どれだけLINEを送っても逆効果となる場合が多いので、焦る気持ちは分からないでもないですが、メッセージ送信は控えめにしておきましょう。

女性は男性と違ってLINE相手がたくさんいます。

女友達も沢山いますし、中には男性のLINE友達がたくさんいる場合もあります。

つまりあなたにとっては彼女は恋愛ドラマのヒロイン的存在なのかもしれませんが、彼女にとってあなたは現時点では、そのドラマの中の一登場人物でしかないのです。

LINEの返信も優先順位の高い人からしていきますし、気がない人であればうざいLINEが来た瞬間、秒で即ブロックされてしまいます。

ここから彼女の相手になっていくためには相当の努力が必要になってくるという事なんです。

でも、焦らずじっくりと関係を作っていけば、メークドラマ的なすばらしい恋に発展する事も可能ですので、あせる事なくうまくLINEを活用していって下さい。

 

ケイ
ケイ
※当サイト推薦!
↓僕の人生を180度変えてくれた最強恋愛マニュアル!

>>非モテだった僕がかわいい女の子や美女を落とせるようになった秘密とは?

※特典の適用は期間限定となりますのでお気をつけ下さい。また人数が定員に達し次第、値上げの可能性があります。

女性に慣れてない人でも実践できるLINEテクニック

それではここからは、実際にLINEを使って女性との関係をより縮めていくための方法を紹介していきます。

相手との関係性によって頻度を増やしていこう

女性とあまり会話したことがない、恋愛経験があまりない、という方は女性にLINEを送る事自体に抵抗があったりしませんか?

僕もそうでしたが、女性とLINE交換はするもののその後どうしたらいいかが分からずに、トーク部屋が最初の挨拶だけになってしまっている女性も多くいました。

ただそこで、たくさんLINEを送って仲良くならなきゃ!と思うのはアウトです。

それまであまり積極的でなかった男性がLINEでいきなりメッセージを送ってきた、なんてことになると女性としてはちょっと怖がりますし、それこそ効果的ではありません。

ですので、LINE交換した最初の方はガンガンLINEを送るのではなく、その時の関係性に合わせて回数を調整していく必要があります。

男性は熱しやすく冷めやすいという特徴がありますが、女性は熱するまでに時間がかかりますが、その熱した状態が長時間持続するようになります。

ですので焦るのではなく、徐々に徐々に関係を深めていく事が、恋愛を成功させる近道でもあるんです。

関係が浅い時のLINE送信メッセージの送り方

まだ関係がそれほどできていない場合、最初は「何かあった時にメッセージを送る」という方法がオススメです。

ただし!

「何かあった時に送ればいいんですね!」と言って、

「今日、筋トレ1時間やったよ!」

「今日、また会社で怒られた」

等というような、女性がどうでもいいと思うようなメッセージは送らないようにしましょう。

女性は、あなたが何してようとそんな事はどうでもいいし、そんなLINEが送られてきても、

「で、なに?」

とぐらいにしか思わないのです。

以前にもお話したように、女性は「自分だけが愛されたい」「自分の話を聞いてほしい」と思っている存在なんです。

 

言ってしまえば、あなたの事なんてどうでもいいんです。

ですので「何かあった時」というのは、あくまでも女性が「あ、私の事わかってるー!」と思うようなメッセージにしないとダメです。

相手の女性が「私の事わかってる!」と思うメッセージとは?

相手の心をつかむメッセージを送ろうと思ったら、結局相手の女性を良く知っていないとダメなんです。

これまでの相手の女性との会話の中で、彼女が好きなもの、興味のあるもの、気にしているもの、性格など、こういった事をある程度つかんでおかないといけません。

そしてこれらの情報をもとにして、LINEをうまく使っていくのです。

たとえば、彼女が仕事でプレゼンの事を気にしていたのであれば、そのプレゼンの日に合わせって、

「明日のプレゼンがんばってね!」

「今日のプレゼンうまくいった?」

などというメッセージを送る感じです。

名探偵コナンが大好きという相手であれば、

「今日テレビでコナンの映画やるね!」

美味しいものが大好きという相手であれば、

「○○に新しいパンケーキのお店ができてるよ!」

など、相手が好きなものに対しての情報を提供するのも効果的です。

大事なのは情報を相手に伝える事ではなく、女性が「私が話したこと覚えててくれたんだ」と思うようなメッセージを送る事です。

そのためには、日ごろからアンテナを張っていないといけないですし、女性と会話をした際に情報をインプットしておかないとダメです。

ただこういったやり取りをする事によって、少しずつですが、確実に関係性を作っていくことができるようになります。

なぜなら、ここまで気を使ってくれる男性はなかなかいないからです。

顔はブサメンかもしれませんが、気遣いという面にかけて他の男性よりも一歩抜き出ていればそれは、顔の良し悪し以上に女性にとっては惹かれるポイントになるのです。

このようなLINEのやり取りをしながら、またリアルに会って話をしながら、少しずつ深い関係になっていくことを心がけましょう。

LINEはあくまでも女性との関係を深めていく補完的ツール

LINEは女性との関係を深めていくにはとても役に立つツールですが、それに頼っていてはいつまでたっても深い関係にはなりません。

あくまでも実際に出会って話をする、という事が何よりも恋愛成功につながる方法だという事を知っておいてください。

LINEで話をするのと、実際に話をするのではもちろん実際に話をした方が刺激的ですよね。

女性も同じ様に感じます。

LINEで話を聞いてもらうより、実際に会って話を聞いてもらった方が嬉しい気持ちになります。

ただLINEをうまく使う事ができれば、さらに女性のその気持ちを高める事ができますので、ここでその効果的な使い方を紹介していきます。

会話の中で伝えきれなかった気持ちを送ると効果的

実際に出会って話をした後というのは、その会話がうまくいっていれば、女性にとっても気持ちがいいものとなります。

その余韻が残っている内に、LINEを送るというのはとても効果があります。

ここではその際に使えそうなメッセージ例をいくつか紹介します。

「Aさんのおかげで今日は楽しかったです。また会いたいです」

「今日は楽しかったです。少し暗いから気を付けて帰ってね」

「今日はありがとう!今度のプレゼンうまくいくといいね」

「風邪気味だったのにありがとうね。楽しかったです」

まとめるとこんな内容になってきます。

  • 相手のおかげで楽しかったという気持ちを伝える内容
  • 相手の事を気にかけてあげる内容
  • 相手に対する感謝と、気遣いの内容

相手と会話をして感じた事、会話の中で伝えきれなかった事、LINEでしか送れないような内容、こういった内容を送る事によって、あなたに対する印象もグッと上がってきますよ。

LINEを送る時は常に普段の自分でいよう

モテる男になろうと思ったら、常に清潔な服装、身だしなみなどは意識していないといけません。

ただ、自分自身の性格や、人柄までを変えていく必要は全くありません。

いつも会話をしないのに、LINEだといきなり積極的になったり、いつもは男らしい言葉づかいなのに、いきなり優しい口調になったりすると逆に、キモい、うざいと思われる可能性が高いですので、あくまでもいつもの自分自身と同じようなやりとりをしましょう。

あくまでもLINEは実際に会って話をする際の延長と考えて話す事を心がけて下さい。

地道に関係を作っていけば、少しずつ関係が深まっていきます!

これらの内容を意識していくと、だんだんと女性とのLINEの回数も増えたり、時には相手からLINEが送られてくる事もあります。

まずこれくらいの関係ができるまでは、しっかりと相手との距離をみながらやりとりをしていく必要があります。

早ければ短い期間でそこまでに達しますし、相当長い期間がかかる場合もありますが、二人の関係を育てていくんだと思って、積み重ねをしていって下さい。

さあ、会話に慣れだしたり、女性からのLINEが届くようになったら、そこから彼女とあなたの関係にブーストをかける事ができるようになります。

ここからが恋愛に発展するためには最も大事な部分になります。

彼女からLINEが来た場合は「彼女が話をあなたに聞いてもらいたい」と思っているからに違いありません。

ですので、ここは以前にお話ししたテクニックを使って、拾って拾って拾いまくって下さい。

ただここではLINEならではの注意をしないといけない点がありますので、それを少しお話していきます。

 

質問ばかりしない

相手との関係性のもよりますが、女性にとっては自分の事を根掘り葉掘り聞いてくるのを嫌がる人もいます。

今日はなにして過ごしたの?
今日は映画観てきたよ
えー、誰と行ってきたの?

なんていうやりとりなんてよくあるパターンだと思いますが、こんなのは論外ですね。
そこまで詮索されるとちょっと気持ち悪いですし、最悪「ストーカーか?」と思われたりします。

「今何してるの?」「何してたの?」という系列のメッセージは初期の段階では特に送らない方がいいです。

会って会話をする中で相手に質問で返していくというテクニックを紹介しましたがLINEではそれが逆効果になってしまう事もあると思って下さい。

返事のタイミングに正解はない!相手に合わせた対応を心がけよう

相手からLINEが来た時のタイミングについてですが、人によっては「すぐに送った方がいい」とか「少し時間がたってから送った方がいい」とか様々な意見がありますが、僕自信の意見としては、「時間帯、相手の性格、メッセージ内容によって決める」べきと思っています。

相手が返信を待っているにも関わらず返信が遅いとか、ちょっとLINEしてみただけなのに怒涛のごとくスタンプやメッセージが来たりとか、女性も様々なパターンがありますので、そこは相手を理解した上で対応をしてあげるべきだと思います。

そのために通知画面でメッセージを確認できるようにしておくというのは基本だと思ってます。

早く返信しないといけないシーン
  • 今すぐ何かを知りたいと思っている
  • 困っていて助けがほしい場合
  • 今時間が空いているからメッセージを送ってきてくれた

など

早く返信をしない方がいい場合
  • 仕事時間中に届いたLINE
  • 悩み事の相談など深い話の返信

など

たとえば相手の女性が、財布をどこかに落としてしまって助けを求めてきた場合などは、すぐに「大丈夫?」などの返信をしたりして相手を安心させてあげる事が必要ですし、場合によっては相手の所にかけつけるという事も必要になります。

また時間が空いていてメッセージを送ってきてくれているような場合、10分しか時間がないのにも関わらず「すぐには送らない方がいいから」と15分後に返信したら、もう永遠に返事が来なかったり。

また仕事時間中に来たメールに間髪入れずに返信をすると「え?仕事してんじゃないの?」と逆に思われてしまったりする場合もあります。

個人的にはメッセージが来て瞬間的に返事をするのはやめた方がいいと思いますが、既読になって30分も返信をしないのは逆効果じゃないかなと思っています。

基本的には既読にしてから5分程度で返信をするようにしています。

またLINEの会話が盛り上がった時は徹底的に盛り上げるようにします。

この時は普段の会話と同じようなテンポで返信をするように心がけて下さい。

ただLINEは深く考える事なくメッセージを送れてしまうので、失言をしてしまう事もあります。

すぐに返信をする際も、送信ボタンを押す前に、メッセージを読み返してみて、それを見たら相手がどう思うのか?という事を考える癖付けをするといいと思います。

このようにメッセージの返信タイミングというものに対しての正解は人それぞれになりますので、メッセージ内容から読み取って、早く返信をした方がいいのか、それともタイミングを空けてからの方がいいのかどうかを見極めましょう。

脈ありの最大のポイントは「おはよう」メッセージと相談メッセージ

ここまで話してきて何ですが、実際のところ、僕個人としては実際につきあう前というのはLINEはあまり多用はしません。

上のように何かあった時にLINEを送るようにしたり、彼女からLINEが来た時にやり取りをして、関係を少しずつ深めていくことが大事だと思っているからです。

ただこうしていると不思議と、女性からのLINEが増えてくるタイミングというのがあります。

今まではこちら発信が中心だったのに、彼女から積極的にLINEが届くようになる場合です。
これは彼女のLINEメンバーの中での優先順位がかなり上位になってきた証拠です。

決定的な脈ありサインは、彼女からの「おはよう」というLINEです!

夜に話をしている場合は、話の流れで「おやすみ」と言う事はありますが、朝起きてからの「おはよう」というメッセージはそれなりの関係になっていない限りは来ません。

ここまで来れば、相手はかなりあなたに心を開いた状態になっていますので、LINEもそうですが、実際に会っての関係もどんどん深めていくようにしましょう。

この時点になれば、二人きりになったとしても問題ないレベルまで到達していますので、積極的にデートに誘ったりしてもいい段階だと思います。

 

ただ、LINEで悩みなどの相談事をされた場合は気を付けて下さい。

LINEは相手の表情がわからないため、悩みを話していても相手の反応がちょっと分かりにくい点があります。

LINEで、「うんうん」「それで?」などメッセージを送ると、その心配の度合が相手に伝わらず、軽い印象になってしまう場合もあります。

ですので悩み事の相談や、深い話の場合は、ある程度の話を聞いた時点で、

「LINEだとなんだから、明日にでも会って話聞こうか?」と持ちかけて下さい。

2人きりで相談事について話すという事は、ある意味デート以上に深い関係をもつ事ができる機会なので、そこでしっかり相手の話を聞いてあげて受け止めてあげれば、一気に友達以上の関係に持って行くことが可能です。

この辺りの関係までもってこれれば、そこまでテクニックなどを使わなくても自然な感じでLINEのメッセージ交換ができるようになっているはずですよ!

まとめ:LINEは会話ができる関係になってからブーストをかけられるツール

いかがだったでしょうか。

今回はLINEを使って女性との関係をさらに縮めるテクニックを紹介しました。

  • LINEはいつもの女性との会話の延長で使用する
  • 相手との関係性に合わせて量を増やしていく
  • 相手が喜ぶメッセージを送る
  • 相談事などの深い話は、実際に会って話をする

LINEはこのように順序立てて利用していけば、彼女との関係性を早く縮める事ができるようになるツールです。

女性との接点がほとんどない状態ではLINEはそれほど役には立ちませんが、実際会ってある程度の関係ができていれば一気にショートカットして女性の恋人候補になる可能性もあります。

ぜひ今回紹介した内容を駆使して、相手の女性との関係を深いものにしていって下さい!

万が一、相手から返事が来ない時の対処法

最後になりますが、相手から返事が来ない時の対処法を紹介します。

LINEをしても返事が来ない、突然返事が来なくなった、こんな場合ですが、はっきり言ってあなたは「ブロックされた」可能性が高いです。

ただ忙しくて返信ができないとうような可能性もありますので、1日1回を目安にしてメッセージを送ってもいいと思いますが、それでも返事が来ないのであれば、ブロック確定だと思った方がいいです。

少し厳しいですが、その時はなぜダメだったのかを反省して、潔く諦め、そして次の出会いに気持ちを切り替えた方がいいでしょう。

もちろん最初は落ち込んでしまうかもしれませんが、その反省が勉強になり、次への可能性につながっていきます。

恋愛は一日にしてならずです! でも確実にあなたは成長をしていってますので、あきらめずに頑張っていきましょう。