LINE(ライン)テクニック

LINE(ライン)のやりとりは相手で終わる、がポイント!恋愛につながる返信の仕方

皆さんもLINEをよく使っていると思いますが、やりとりの最後ってどうしてますか?

自分の返事で終わった方がいいのか、それとも相手の返事で終わった方がいいのか考えてしまいますよね。

こちらがLINEを終わらせようと送ったのにそれに返事をしてこられたら、またそれに対して返事をしないといけないのかな?と思ったり…。

その時、相手の顔は見れないのでどんな気持ちなのかも分からないから余計に不安になってしまいますよね。

今回の記事ではそんな悩める方たちの疑問にお答えしていきます。

この記事を読んで早速実践してみましょう!

INE(ライン)のやり取りは相手の返事で終わるように心がける

これまで何人もの女性とLINEでやりとりをしてきましたが、経験からみると恋愛関係にもっていこうとする場合は、相手の返事でおわるようにするのが最も基本の考え方になります。

これだけ聞くと、

「相手に失礼にならないかな?」

と思ってしまうかもしれませんが、これが恋愛関係につなげていくためにはかなり有効なテクニックになってきます。

その理由を説明していきましょう。

 

心理的に女性よりも上位に立てる

LINEを女性の返事で終わるようにする最大の理由は相手の女性よりも心理的に上位に立てるから。

これが最も大きなポイントとも言えます。

恋愛というものは先に好きになった方が立場が悪くなるようになっていて、ある意味恋愛は男性と女性の心理戦と言ってもいいでしょう。

女性もそういう事を知っていますので、できる限りマウントを取ろうとしますし、そのために敢えて男性が返事をしないといけないような感じのLINEを送ってくることもしばしばです。

男:今日はありがとうね!また2人で飲みにいきたいね!

女:結構飲んでたから、会社遅れないようにね。

男:ありがとう。気をつけるよ。じゃ、おやすみ!

女:また今度ご飯でも食べに行こうね。おやすみなさい

何となくまた返事をしないといけない雰囲気のLINEですが、ここで女性に返事をしても、返事が返ってこない場合が多々あります。

あなたが今こうして、この記事を読んでいるように、女性も同じようにどうやって男性とLINEのやりとりしたらいいかという事を勉強しているんです。

恋愛というものは常に女性との駆け引きなんですよ。

女性も我々男性と同じように、こういったテクニックを使って自分が優位に立とうとしますが、ここでつられてはいけません。

ぐっと我慢して、女性のLINEで終わらせるようにしましょう。

「でも女性もそれを知っているんなら、意味ないんじゃないすか?」

と思うかもしれませnが、人の心理というものはそんなに単純なものじゃありません。

知っていたとしても、心は自然と動きますし、あなたの返事がいつくるだろうか?

なぜ来ないんだろうか?というような心理にだんだんとなっていきます。

「もしかしたら、あの人の事が気になってるのかも?」

「もしかしたら、あの人の事を意識しているのかも?」

という感覚になり、恋愛につながっていく可能性が高くなります。

LINEのやりとりを相手で終わらせる事はこのように、相手よりも上の立場に立つ事ができるという点があります。

次回のLINE時、こちらから連絡しやすい

LINEのやりとりを相手で終わらせる事によるメリットは他にもあります。

次回のLINE時、こちらから連絡がしやすいというのも大きなポイントです。

これが逆の立場ならどうでしょうか?

再度同じ文例で考えてみますね。

男:今日はありがとうね!また2人で飲みにいきたいね!

女:結構飲んでたから、会社遅れないようにね。

男:ありがとう。気をつけるよ。じゃ、おやすみ!

女:また今度ご飯でも食べに行こうね。おやすみなさい

男:そうだね。都合のいい日があれば連絡してね

こんなLINEを送りましたが、返事はなかったとします。

そうすると男性の立場からしてみると、どのタイミングで次のLINEを送ったらいいか、どのようなLINEを送ったらいいか分からないですよね。

前回の話題を振った方がいいのかどうかも分かりません。

これもLINEを相手で終わらせるようにすれば、こちらから連絡ができますし、スムーズに会話に入っていく事ができます。

毎回LINEを送る時にどんなネタで話し始めたらいいか分からないと悩んでいる方はそのような悩みも解決することができます。

話のコントロールができる

自分から会話を始める事ができるという事は、自分でLINEの会話のコントロールができるというメリットもあります。

LINEというのは基本的に会話のキャッチボールなので、最初に会話を始めた方がそのLINE会話をコントロールする立場に立ちます。

会話をそろそろ終わりたいと思ったら、こちらからそのような流れにもっていく事もできます。

これが相手発だとしたら、

「話の途中なのになぜ?」

と思われたりしかねません。

長時間のLINEは苦手という男性も、自然な流れで会話を終える事ができますよ。

女性は自分をリードしてくれる男性を求める傾向にあるので、知らずしらずにあなたのペースに引かれていくでしょう。

ただ、この場合は男性側が積極的に話題ふりをしていかないといけないので、自信がない場合は話のネタなんかも準備しておくといいかもしれませんね。

追撃LINE、催促LINEを送る必要がない

男性がよくやってしまうのが、LINEの返事が来なくて、追撃スタンプを送ったり、返事を催促するLINEを送ってしまう事。

女性のLINEの返信で会話を終わらせた後に、怒涛の追撃スタンプが送られてきたらちょっと引いちゃいますよね?

その時に初めて、「追撃スタンプを送られた女性はこんな気持ちになるんだ!?」と分かるかもしれません。

LINEを相手で終わるようにすれば、そんな自爆行為もしなくてもよくなりますよ。

逆に相手の女性の追撃LINE、スタンプは増えるかもしれません。(笑)

 

ケイ
ケイ
※当サイト推薦!
↓僕の人生を180度変えてくれた最強恋愛マニュアル!

>>非モテだった僕がかわいい女の子や美女を落とせるようになった秘密とは?

※特典の適用は期間限定となりますのでお気をつけ下さい。また人数が定員に達し次第、値上げの可能性があります。

臨機応変な対応は必要

ただ、どんな時でも絶対に相手の返事で終わるというような考えになってしまってもあまり良くありません。

女性があなたとLINEをしていて、

「なんでいつもLINEを送って、突然途切れたようになるんだろう」
「いつもいつも返事がなくて、ちょっと気分悪いなあ」

と思ったりする女性も中にはいるでしょう。

そのうちに、

「この人とは合わないのかなあ…」

と思われてLINEのやりとり自体も減ってしまった、というケースも出てくるかもしれません。

ですので、「何が何でも、絶対女性のLINEで終わる!!」というよりは、「基本は女性のLINEで終わるけど、あえてこちらの返事で終わってあげる時もある」という姿勢が必要だと思います。

割合としては、

  • 3分の2程度は彼女のLINEで終わる
  • 3分の1程度はあなたのLINEで終わる

ぐらいがバランスが取れていていいんじゃないかと思います。

会話の流れを把握してLINEを終わるようにしよう

ひとつ気をつけることは、

会話の流れをしっかり把握するという事です。

まだ話が続いているにも関わらず、いきなりあなたからのLINEが送られて来なくなってしまったら、女性としては印象は悪くなってしまいます。

そうならないように、話の流れを把握して、区切りの良いところで会話を終わるようにしてください。

気の弱い僕が個人的に使っている方法

ただ人に気を使いすぎるような人などは、

「やっぱり返事したいた方がいいんじゃないかなあ?」
「返事しないと逆に嫌われちゃんじゃないかなあ?」

と、ついつい返事をしてしまう人もいるかもしれません。

実は僕もそうなのですが、そんな時は、

自分が最後と思ったLINEを送ったらもう見ない

ようにしています。

こうすれば無条件で相手のLINEで終わらせる事ができます。

相手からのLINEがあったとしてもそれを翌朝まで取っておくのです。

翌朝確認をして、それに対する返事と、

「寝落ちしちゃった。ごめんね」

などというメッセージも入れておきます。

どうしても相手のメッセージ終わるという事に気が引けるという場合に使ってみて下さい。

まとめ:気になる女性とのLINEは相手の返事で終わらせよう

今回は、LINEのやりとりの最後は自分で終わった方がいいのか、それとも相手で終わった方がいいのか、について話してきました。

まとめてみますと、

  • 基本は相手のLINEで終わるのが理想
  • 会話をコントロールすることもできるのでオススメ
  • あまり露骨にやりすぎると逆効果になる
  • 3分の1程度は自分のLINEで終わるようにする

上記のようになります。

「LINEのやりとりなんてどちらが最後でも同じじゃないの?」

と思う方もいるかもしれませんが、これでかなり相手の心を揺さぶることができます。

僕も経験からも相手の女性でLINEを終えるようにしてから、相手の女性から「もっとLINE送ってよ!」というような事をめちゃくちゃ言われるようになりました。

そこから相手との関係を深めていくこともできますので、騙されたと思ってぜひ試してみて下さい!