モテる男の秘訣

女子ウケがいいモテる趣味、女性受けが悪いもてない趣味を分類してみた

非モテの男性が女性と話をする中で、盛り上がりを見せる事ができる話題の一つが「趣味」に関する話題です。

人間、好きなものに対しては結構じょう舌になるもので、普段はあまり話をしない人でも、熱心に話をするようになったりします。

ただ趣味と一言で言っても様々ありまして、女性にウケる趣味もあれば、中には「その趣味ちょっと…」というように女性がドン引きしてしまうような趣味もあったりしますよね。

そこで今回は女性受けがいい趣味が何か、女性受けが悪い趣味は何か、と紹介していきます。

これを読めば、女性に積極的に話してもいい趣味なのか、それとも自分自身の中に封印しておいた方がいい趣味なのかがはっきりと分かるはずです。

またこれまで「趣味がない」と言ってきた男性もこの記事を参考にひとつふたつ趣味を持ってみましょう。

きっと女性との会話に花が咲いて盛り上がること間違いなしです!

「趣味がない」という男性でも始められる女性ウケする趣味5選

趣味をするならやっぱり女性ウケがいい趣味を持ちたいですよね。

とは言ってもスポーツなど、ある程度の実力がないと趣味とは自信を持って言えない場合もあったりします。

そこで初級編として、まずどんな男性でもできそうで、かつ女性受けの良い趣味をいくつか紹介していきたいと思います。

映画鑑賞

趣味の中で最も無難であり、王道とも言えるのが映画鑑賞です。

女性で映画が好きな人は多いですので、一緒に映画鑑賞デートに行けたりします。

ただ女性によっては、アクション物は苦手、ホラー系は苦手、恋愛ジャンル専門などという場合があったりしますので、相手の好きなものに合わせたチョイスが必要です。

映画を観る時にちょっとした裏話を話すことができたりすると、相手を感心させたりする事ができ、話を盛り上げる事もできます。

今現在、趣味がない!という男性もてっとり早く始める事ができるオススメの趣味といえます。

食べ歩き

食べ歩きも運動神経が必要だったり、読書のように本を読むのに時間がかかったりする事もありませんので、気軽にできる趣味といえます。

美味しいものがあれば、「あそこにできたお店おいしかったから今後いっしょに行こうよ!」という話もできるので、自然にデートに誘う事もできます。

趣味がなくても、趣味のように振る舞う事もできます。

「趣味はなんですか?」と聞かれた時に「特に趣味はないです…」なんて答えていた人は今後はとりあえず「食べ歩きが趣味です」と言っておきましょう。

ドライブ

車を所有している人なら誰でも始めるのがドライブ。

ドライブの良いところは、デートの際は2人きりになれる事。

それに車を運転するのが上手い男性に、女性はうっとりとするものです。

最近は車離れする男性も結構いるので、あまり運転が得意でないという人も多くなってきています。

そんな中でかっこよく運転をしたり、車庫入れもバックモニターなしで楽々やってしまう姿をみたら、かっこいいって思われる事まちがいありません!

最近はレンタカーもお得な価格でできるようになってきているので、運転に自信がある人はレンタカーで高級車をレンタルして女性とドライブなんていうのもいいと思います。

 

ケイ
ケイ
※当サイト推薦!
↓僕の人生を180度変えてくれた最強恋愛マニュアル!

>>非モテだった僕がかわいい女の子や美女を落とせるようになった秘密とは?

※特典の適用は期間限定となりますのでお気をつけ下さい。また人数が定員に達し次第、値上げの可能性があります。

カメラ・写真撮影

写真撮影もベタな趣味と言えるでしょう。

最近はスマホにも高性能なカメラが搭載されてきているので、わざわざデジカメなんかで撮影する人はいないんじゃない?と思ったりしますが、一眼レフで撮影した写真はスマホで撮影した写真とは比べ物にならないくらいキレイです。

よく写真集で手前の人物はくっきりで後ろがボケている写真とかありますよね。

そういった写真は一眼レフや高級コンデジならではのものです。

中には一眼レフカメラを買ったけど、一緒に行ける人がいないとか、詳しくないから使い方を教えてほしいという人もいるので、ちょっと遠くまで写真撮影に行く、なんて事もあるかもしれませんよ。

旅行

旅行も気軽に始められる趣味としてはかなりオススメです。

好きな所に行って、ご当地のおいしい食べ物やお酒を楽しんだり、自然や建築物を鑑賞するという事は普段の生活から離れてリフレッシュすることもできます。

ちょっとした遠出ならそれほどお金もかかりませんし、日帰りで帰ってこれる観光地もたくさんあると思いますので、そういった所に一緒にお出かけしてもいいと思います。

誰でもできないが、女性受けバツグンの趣味5選

続いては、始めるのはちょっとハードルが高いですが、より女性受けする趣味を紹介していきます。

練習や努力が必要だったりしますが、これらの趣味を持っていると、他の男性とはちょっと違うとか、一目置かれたりとかしますので、今から密かに自主練するのもアリですよ。

スポーツ

スポーツができる男性というのはやっぱりかっこよく見られるというのは昔も今も同じですよね。

最近はそれぞれのスポーツ専門のファッションブランドなんかも出てきていますので、ファッションに気を使うのもいいと思います。

ゴルフなどのは用具を集めるだけで10万円以上したり、コースで1ラウンド回ると1万円以上かかったりするので、とにかく出費が激しいです。

それよりもジョギング、ウォーキング、ボーリング・ダーツなどの軽めのスポーツがいいんじゃないでしょうか?

ジョギングはスポーツが苦手な人には結構ハードル高いかもしれませんので、とりあえずウォーキングあたりから始めるのがオススメですよ。

おしゃれなジョギングウェアを揃えて、女性と一緒にエクササイズなのていうのもいいですね。

キャンプ

ちょっとお金がかかりますが、最近アツいのがキャンプです。

女性でもキャンプが好きで毎週のように一人キャンプに行く人だっています。

そこまで興味がない女性であって一緒に行ってテントを張ったり、火を起こして料理をする姿を見せたりすると女性も「すごい!」と思ってくれて、尊敬されてしまいますよ。

ただこの趣味もお金がかかるジャンルになってきますので、その辺りがネックかもしれません。

登山・ハイキング

登山やハイキングを始める女性も個々最近ですごく増えてきました。

キャンプと似ている所もありますが、自分自身で歩かないといけないのが特徴です。

最近は登山、ハイキング好きな女性も増え、山ガールという言葉も定着してきました。

キャンプと違い、用具を揃えるのにちょっと費用がかるという部分もありますが、彼女を連れて大自然にハイキング、登山に行くというのはとても気持ちがいいものです。

女性も開放的な気分になってきますので、いつもとは違った一面も見れるようになりますよ。

料理

苦手な男性もいるかもしれませんが、男性の料理に抵抗がない方にはオススメです。

何を作ろうか考える所から始まって、材料の買い出し、料理など、女性と一緒に考える事もできますし、一緒に料理をする事だってできます。

「今度何か食べたいものある?」

「好きな食べ物なに?」

なんていう食事系の話のネタもつきませんので、会話のネタとしても使うことができます。

何かを一緒にするという事はお互いの気持ちを高めあっていくのには重要なポイントなので、そういった点でもオススメの趣味といえます。

料理が趣味と言っておけば、自分の部屋に女性を招待してのホームパーティなんかもそれほど無理なくできたりするのもこの趣味の良いところです。

DIY

何もない所からちょっとした椅子や家具、犬小屋などを作り出してしまうDIYは女性受けがなかなかいいものです。

女性からリクエストを受けて、ちょっとしたテーブルを作ってプレゼントしたら、間違いなく女性に喜ばれます。

女性と一緒にやるというには少し不向きかもしれませんが、自分の姿を女性に見せて、かっこよさをアピールするには最高の趣味と言えます!

その他オススメの趣味

その他、以下のような趣味もあります。

ちょっと好き嫌いがはっきりしたりするため、めちゃくちゃオススメという事ではありませんが、相手と趣味が合うのであれば取り入れてもいいものを紹介していきます。

音楽

女性の多くは音楽が好きで好きなアーティストがいる場合も多かったりします。

男性もお気に入りのアーティストがいるのであれば、それぞれの好きなアーティストの話をしたり、聞いたりすることができますし、一緒にライブやフェスに行けたりもするかもしれません。

音楽もYouTubeなどで無料で聞くこともできますので、お財布にも優しい趣味といえるでしょう。

読書

読書好きの女性も多く存在しますので、読書の趣味もいいと思います。

お互いに面白かった本の感想を言い合ったり、オススメの本を紹介したりすることができます。

ただ読書好きの女性は1日1冊ペースで本を読みます。

それぐらい読書が好きという男性なら問題はないですが、これまであまり本を読んだことがない人だとすぐに、にわか趣味ということがバレてしまって相手にされなくなってしまう可能性もありますので、そういった場合は、最近本が好きになったという事を最初にアピールしておくのがいいでしょう。

スポーツ観戦

好きな野球チームやサッカーチームがいるのであれば、そのチームのサポーターであるという事をアピールしていってもいいかもしれません。

女性を試合に誘ったりもでき、お互いにストレス解消もできたりします。

ただあまり熱く語ってしまったり、相手が興味を持っていなかった場合などは、全く話が盛り上がりませんので、相手の様子を伺って話すようにしましょう。

 

この辺りをそれほどオススメできない理由は、それぞれの好みがはっきりと出てしまうという事です。

音楽、読書、スポーツ観戦も、女性に好みがある事があるし、自分にもこだわりがある場合が多いものです。

話が熱くなりすぎて口論になってしまったり、相手の好きなアーティストや作家、チームなどを否定してしまうと二度と相手にされなくなってしまう可能性もありますので、軽めに話すのにとどめておいた方がいい趣味ともいえます。

女性受けが悪いもてない趣味とは?

ここまで女性受けがよい趣味、モテる趣味の紹介をしてきましたが、ここからは逆に、女性受けが悪いもてない趣味を紹介していきます。

本来趣味というものは自分が楽しむためのものなのですが、それが他人には理解がされず、悪い判断をされてしまう事もあります。

そういった趣味の場合は、自分自身の世界で楽しみ、あえて女性には言わない方がいいこともあります。

以下の趣味はどれも女性ウケが悪く、こんな趣味をもってると言うと女性が遠ざかってしまう場合も多いので女性には言わずに自分の中に封印しておき、先に紹介した趣味の中から自分にあったものを女性に伝えるようにしましょう。

ギャンブル系(競馬・パチンコ・競輪など)

まずギャンブル系の趣味は女性にいい印象を与えません。

この人お金遣いが荒いんじゃないかとか、ちょっとあぶないイメージも相手に与えてしまいます。

最近はJRAのCMで若手俳優を起用してイメージアップをしようとしていますけど、現実はまだまだイメージが悪いので、「オレ競馬が好き」とか「スロットにはまってる」という事は間違っっても言わないようにしましょう。

フィギュアなどの収集系

フィギュア、トレーディングカードなどの収集系も気をつけた方がいいです。

女性はあまりそういった収集系の趣味には理解を示してくれない場合がほとんど。

そもそも価値がゼロと思っているので、部屋に飾ってあったりすると、「ゴミが飾られてる」程度にしか思ってくれません。

この趣味もお金遣いが荒いんじゃないかとか、ちょっとオタクな人なんじゃないかとか、悪いイメージを持たれてしまうので、女性にアピールするのには向いていない趣味といえるでしょう。

ゲーム

世の中にはゲームが嫌いな女性も結構います。

なぜなら女性はゲームが苦手な人が多いから。

女性というのは、私のために何かをしてくれる男性、私と一緒に何かをしてくれる男性が好きなのですが、それと正反対なのがゲームなのです。

完全に一人の世界で楽しみ、私はほったらかし。

そんな男性には感心も興味もないというのが女性の本音です。

「付き合ったとしても私の事よりもゲームを優先しそう」なんて思われてたら絶対に付き合う事なんてできません。

ですので、ゲームが好きで好きでたまらないという男性も、女性にはそのことは言わない方が身のためでしょう。

鉄道・アイドル・アニメなどのオタク系

昔ほどではないですが、オタク系の趣味に対して抵抗を持つ女性というのも一定数はいます。

中には抵抗感がなく受け入れてくれる女性もいるかもしれませんが、「ちょっと危ない人かも」と思われる事もまだまだ多いので、相手を見て話すようにしましょう。

初期の段階ではとりあえず、黙っておくの得策です。

趣味は多くても問題ない

男性の中には趣味は一つだけでないといけないと思っている方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

趣味は多趣味あっても全く問題ありませんし、その方が女性に興味を持ってもらえます。

女性も興味があるないがありますので、一つの趣味に対してそれほど興味を持ってないような雰囲気であれば、違う趣味の話をしていき、相手の興味を誘うという手もあります。

今回紹介した趣味の中には今すぐ始められるものもありますし、ちょっとかじっただけで趣味といえるようなものもありますので、ぜひ参考にしていって、女性のハートを掴んでいってほしいと思います。

まとめ:女子ウケがいいモテる趣味は女性と喜びを共有できるもの

今回は女性受けがいい趣味、女性にモテる趣味、そして女性にモテない趣味を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

まとめてみますと、女性にモテる趣味というのは以下のようなものになります。

  • 女性を喜ばせる事ができるもの
  • 女性と一緒に楽しむことができるもの

気をつけたいのは、自分一人だけが満足するような趣味です。

例えば収集系など、自分だけが楽しく、自己満足にひたれる趣味です。

こういった趣味はあまり女性受けもよくないし、興味を持たれない場合がほとんどです。

もし自分自身の趣味がそういったものであれば、女性と一緒に楽しめるような趣味を一つは見つけていきましょう!