出会いの方法

客室乗務員と結婚したい!CAと出会いができるおすすめの婚活方法

  • 客室乗務員の女性と交際をしてみたい
  • どうすれば出会いがあるの?
  • やはり男性からも人気があるから、出会うのは難しい?

女性なら一度は憧れる花形の職業といえば何と言っても客室乗務員(CA/キャビンアテンダント)ではないでしょうか?

そして客室乗務員は女性だけでなく男性にとっても憧れ。

客室乗務員の女性と付き合ってみたいと思っている男性も少なくないのではないでしょうか?

ただ、

「CAと出会いたいけど、どうやったら出会えるの?」

という疑問を持つ男性も多いんじゃないかと思います。

でも、この記事を読めば、意外と女性CAと出会っていくことはそんなに難しい事じゃないということがわかってくるでしょう。

 

\ 90日で理想の彼女ができる! /

Pairs(ペアーズ)で理想の彼女を見つける

 メッセージやりとり前までは完全無料!



客室乗務員(CA/キャビンアテンダント)も実は出会いがない

モテるというイメージが強い客室乗務員ですが日本の場合、女性の比率は9割以上となっています。

これが海外になると男性の割合が3割~4割程度となってくるのですが、日本の客室乗務員はまだまだ女性が中心といった感じですね。

当然職場は完全に女性カースト制度のような世界になっており、一般の会社に比べると出会いの機会というのも実はそれほどないというのが実際のところみたいです。

たまにCAと付き合って結婚する芸能人やスポーツ選手とかいますけれど、実際のところは乗客に声をかけられてそれがきっかけで交際に発展するというのはそうそうあるものじゃありません。

以下は理想の相手に巡り会えていない職業ランキングになりますが、意外と人気の職業が上位にランクインしており、客室乗務員は5位となっています。

構図としては看護師と同じで、周りの男性は「医者しかいない」と言っているのと同じみたいで、客室乗務員から言わせると「男はパイロットぐらいで、出会いがないのが現実」といった感じです。

 

休みが決まっていない

出会いがない一番の理由は休日が毎週決まっていない点が大きいかもしれません。

客室乗務員の休日はフライト日程によって変わってきますし、突然の休日変更だってありえます。

それに基本的にはフライトに突然のトラブルがあれば対応をしないといけないため勤務時間も長時間となるため、勤務日の夜に予定を入れるということはほとんどありません。

外から見ると出会いの機会がたくさんありそうに見えますが、実際はかなり過酷な条件で働いているのが客室乗務員なのです。

当然合コンや同窓会などにも参加しずらくなりますし、そもそもが土日休みでないので、街コンや婚活パーティなどに参加するのも難しくなってしまいます。

休日はインドア派が多い

普段はカチッと制服に身をまとっている客室乗務員の方々。

休日もお洒落をして外出して流行のファッションをマネキン買い、なんていうイメージがありますが、実際のところはインドア派が多いみたいです。

仕事中はバカな乗客の理不尽な要求でうんざり。

休日くらいはお家でのんびりとしたい、という客室乗務員がほとんどという事実。

服装は動きやすい上下スウェットで、一日中部屋着のまま過ごすという干物女子が多いのが客室乗務員だったりもします。

 

ただだからと言って彼女たちは出会いを諦めてしまっている訳ではありません。

彼女たちだって出会いを求めていますし、理想の恋愛がしたいと常日頃から思っているわけなのです。

出会いの方法さえ間違えなければ、客室乗務員の女性と出会っていくことだってそんなに難しいことじゃありません!

 

客室乗務員(CA/キャビンアテンダント)との出会いの方法

客室乗務員はちょっと特殊な職業ですので、街コンや婚活パーティなどで出会いを求めていっても出会える可能性というのは限りなくゼロ%に近いでしょう。

また街コンはどちらかというとカジュアルな雰囲気で参加する男性も多く、客室乗務員が望むものとはちょっと異なってきます。

彼女たちは学歴もある程度あるため、それなりの収入、ステータスがないと相手にしてされません。

キャビアアテンダントの平均年収は、大手の場合は540万円、外資系の場合は490万円、LCC(格安航空会社)だと430万円。

以前は客室乗務員の平均年収といえば平均700万円弱という時代もありましたが、現在はそこまでの年収でもないようですね。

それでもある程度の金額ではありますので、もし交際をしたいと考えているのえあればこのラインは最低限クリアしておきたいところです。

それではここから具体的な、客室乗務員との出会いの方法を解説していきます。

客室乗務員専用の紹介サービス「ダブルプレミアム」

客室乗務員限定紹介サービス ダブルプレミアム」はハイクラスの男性向けサービスになりますが、自分にマッチした女性を紹介してくれるというマッチングサービスになります。

なんと登録している女性は全員が客室乗務員なので、客室乗務員と出会いたいという方は絶対に出会いができるサービスになっています。

ただ注意したいのは、男性誰もが登録できるのではないということ。

年齢は20歳~35歳、そして以下の職業もしくは収入の条件を満たしていること。

ダブルプレミアムへの登録条件(男性)

  • 年齢:20歳~35歳
  • 職業・年収:医師/歯科医師/経営者/弁護士/会計士/税理士/一部上場企業/国家公務員/年収1,000万円以上
  • 写真審査:あり

つまり相当なハイスペックな男性でないと登録がっできないということです。

さらにスペックだけでなく、写真審査もあるのでかなりその敷居は高くなっていますが、それでも登録がされれば毎月5名の女性客室乗務員を紹介してもらえますので、ほぼ100%の確率で出会うことができるのです。

ステータスに自信があるのであれば、登録前であれば料金がかかることはありませんので、ぜひ一度挑戦してみてください!

\ 毎月5名のCAを紹介! /

客室乗務員限定紹介サービス ダブルプレミアム に登録する

 日本で唯一!客室乗務員紹介サービス



結婚相談所「ゼクシィ縁結びエージェント」

上記は多少プレミアム感がありますが、結婚相談サービスでも客室乗務員と出会うことは可能です。

多少費用はかかりますが、おすすめしたい出会いの方法になります。

結婚相談所と聞くと、古臭いとか、恥ずかしい、とか思う人もいるかもしれませんが、真剣に結婚を前提とした交際をしたい人ばかりが登録しており、最近では企業のイメージ戦略などによって若い女性もたくさん登録するようになっています。

おすすめしたいのは「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

あらかじめ年収、住まい、家族構成なども確認した上で連絡をすることができますし、相手も真剣に交際をしたい女性ばかりですので、出会いがそのまま結婚に結びつく可能性だってあります。

まずは無料で資料請求をして、無料カウンセリングを受けてから入会をすることもできますので、結婚も意識したいという方はぜひ検討してみてください。

\ まずは無料でカウンセリング! /

ゼクシィ縁結びエージェントに登録する

 2年連続オリコン顧客満足度No.1!

ゼクシィ縁結びエージェント

 

マッチングアプリ

そして現役の客室乗務員が男性と出会う方法として一番利用しているのは実はマッチングアプリ。

女性は無料で使えますし、お休みの日に家でゴロゴロしながら男性を探すことができるので、干物女子の客室乗務員としてはこれ以上の出会い方はないくらいのサービスなんです。

それに男性側から見たとしても、検索で「客室乗務員」をピンポイントで選択できるようになっているので客室乗務員に出会いを絞ることもできます。

登録している客室乗務員の女性も多く、僕が検索してみたところなんと1,000人以上の女性が登録していました!(※2019年12月時点)

もう日本のほとんどの客室乗務員の女性が登録しているんじゃないの?と思うくらいです。

 

ただ気を付けないといけないのが、マッチングアプリも優良なサービスからイマイチなサービスのものまであるということ。

客室乗務員と出会いやすいマッチングアプリもありますし、そうえないアプリもあります。

 

客室乗務員と出会いやすいマッチングアプリの紹介

客室乗務員と出会うためのマッチングアプリの条件

  • 客室乗務員の登録が多いアプリ
  • 安全性の高いアプリ
  • 真剣な交際を考えている人が多いアプリ
  • 客室乗務員での検索ができるアプリ

スチュワーデスの場合、職業柄社内コンプライアンスが厳しいところも多く、いわゆる「出会い系アプリ」には厳しいところも多くあります。

ちなみにマッチングアプリは真剣な交際をしようとする人だけが利用できるアプリになっていますので「出会い系」とは全く異なるサービスです。

何よりもほとんどの女性が顔写真を公開しており、これまでの運営の中で大きな問題が何もなかった点がそれを証明しています。

そして何よりも客室乗務員の登録がそれなりにあり、細かい検索ができるアプリがオススメになります。

そして以下が上記の条件を満たすマッチングアプリになります。

Omiai(おみあい)

Omiai(おみあい)の特徴

  • 真剣な交際を求めている女性が多い
  • わかりやすく使いやすい画面
  • 検索機能も充実
  • 月額料金制なので安心して使える
  • 運営が24時間耐性で不正パトロール

まず紹介したいのはマッチングアプリ「Omiai(おみあい)」です。

Omiaiの特徴は、新規登録のユーザーでも他のユーザーに不利になることなくマッチング成立がしやすい点です。

マッチングアプリは良さそうだなと思った相手に「いいね」を送り、相手がそれに返してくれる事でマッチングが成立します。

マッチングアプリで多いのは元々いいねが多いユーザーにいいねが集中してしまうことなのです。

Omiaiはそれを避けるために独自のシステムを採用して、誰でも均等にいいねをもらえるように仕組みが作られていますので、利用が初めてで心配な方にもおすすめできるマッチングアプリになっています。

\ 理想の彼女を見つけられる! /

Omiai アプリをインストールする

 マッチングアプリが初めての方におすすめ

【Omiai -オミアイ-】

 

ペアーズ(Pairs)

ペアーズ(Pairs)の特徴

  • 真剣な交際を求めている女性が多い
  • 最も登録者数が多いマッチングアプリ
  • 検索機能も充実
  • 月額料金制なので安心して使える
  • 運営が24時間耐性で不正パトロール

最も登録者数が多いマッチングアプリがこの「ペアーズ(Pairs)」です。

客室乗務員の数はなんと1,000人以上。

趣味、年齢、結婚に対する考え方など、様々な条件で検索をすることができるので、きっとあなたの条件に合った女性が見つかるはずですよ。

\ 理想の彼女が見つかる! /

ペアーズ(Pairs)に今すぐ登録する

 登録料無料!



マッチングアプリについては「彼女が欲しいならマッチングアプリを使うのがベスト」でも詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてみてください!

【90日で出来る!】彼女が欲しいならマッチングアプリを使うのがベスト 彼女いない歴が20年を超えた!早く彼女がほしい! 初めて付き合った彼女と別れた。早く次の彼女をみつけたい 彼女が...

 

客室乗務員と結婚するデメリット・メリット

ここで、客室乗務員と交際、結婚をする際のデメリットとメリットもお伝えしておきたいと思います。

こういった情報をあらかじめ知っておくことでより相手を理解することができ、恋愛の成功に繋がっていくはずです!

客室乗務員と結婚するデメリット

異性との出会いが多く浮気などの心配がある

客室乗務員という職業柄、休日が不規則で、長期フライトの後などはまとまった休日があったりします。

厳しい仕事であるがゆえに休日も多く、航空会社にもよりますが年間休日は130日~150日ほどあります。

さらに容姿端麗、スタイルも良いとなると、浮気や不倫などが心配になってしまう男性もいるでしょう。

特にフライト中は、離れ離れになり、相手との連絡もとれなくなる時間帯も多いため、不安になってしまうと思いますので、相手に対する信頼が高くないとうまくやっていけないかもしれませんね。

海外渡航も多く事故などにも心配

それほど可能性は高くはないかもしれませんが、それでもフライトや海外渡航先での事故や事件などに巻き込まれないか心配になる男性も多いかもしれません。

客室乗務員と結婚するメリット

マナーがしっかりしており、常に美を追求している

ただ何よりも男性にとっては嬉しいのは、自分の奥さんがいつまでもキレイでいてくれる事ではないでしょうか?

その点において客室乗務員の右に出る職業はないかもしれません。

歳を重ねても美しい客室乗務員の女性も多いですし、なによりもマナー、身のこなし方がとっても洗練されています。

そういった女性を奥さんに持っているという事自体がステータスになりますし、何よりの自慢・自信になるのではないでしょうか。

福利厚生が充実している

そして嬉しいのがこの点。

産休、育児休暇制度が整っている航空会社が普通で長く働ける環境が整っており、経済的に困るということはほとんどありません。

また、社員向けの優待航空券を購入することができ、格安で飛行機に乗ることができたりします。

こういった点が客室乗務員と結婚するメリットになるでしょう。

 

まとめ:客室乗務員との出会いの方法について

今回は客室乗務員と出会っていく方法を解説してきました。

何よりも客室乗務員と付き合っている、客室乗務員と結婚した、となると周りからは羨望の的になること間違いありません。

客室乗務員の女性は誰もが美しく、マナー、清潔感がある人ばかりです。

ただ見た目のきらびやかさの反面、その仕事はハードで接客業ならではのストレスもたくさん感じているはずです。

そういった大変さを理解してあげれば、あなたに興味をもってくれるんじゃないかと思います!

ぜひ今回紹介した方法で、理想の出会いをしていってみてください!!